どこへ行く小売業。メルカリ、ヤフオクの脅威。

アイデア・トリガー/

個人間取引が静かに潜行し進んでいる。メルカリ、ヤフオク等のネット上の取引だ。この取引は表面上には出ない。
ゆえに実店舗小売業にとっては脅威なのである。

玉石混合の個人間取引。

知人の小売店店長の情報ですが、ある一部のブランドだけ突出して売れているということです。売上的には嬉しいが、お店としては全体に万遍なく商品が売れることが重要であり、そこで商売としてのバランスが保たれるということです。どうやら、いわゆる転売ヤーが購入して、メルカリ、ヤフオクにアップしている様です。

不要品の交換、販売が本来の目的であった個人間取引。

サイズが合わない子供服、買ったけど使わない雑貨品など。そこで販売利益を出そうと考えていた人は少数でしょう。
いつしか、メルカリで月収100万稼ぐとか、こんな仕入れをして転売すると儲かるとか、情報商材を販売する人が出てきました。扱う商品も多種に渡り、日常生活品はほとんどまかなうことができます。

実店舗小売業にとっては脅威となる。

現状では未来の小売業の姿が明確でありません。無人店舗かレジ無し店舗くらいでしょうか?本来はショッピングを楽しむ店舗ですが、
ショールーム化やフィッティングルーム化と成ってしまうのでしょうか?
若い人が、商品を探す時にまず、メルカリで商品を探すことをします。その後、ネットショップで検索。無ければお店に行くという行動をします。

商品開発側も考えなければいけない。

よりオリジナリティのある商品や限られた場所での販売。顧客のみに売る等、従来通りの販売方法では難しいかもしれません。
これさえも、転売ヤーとの争いとなるかもしれません。

 

1日1改

新しいサンプル開発スタート

why?

売上確保のため。

商品のご注文

OUTDOOR ATELIER ご希望のお客様は
ご注文はこちらまでSTORES.jp(カード決済可)

お問い合わせページはこちらまで


「ひとりものづくり起業家サポート」、商品への質問、ご予約等のお客様はこちらまで。お待ちしています。

 

ブログの趣旨 皆様の「アイデア・トリガー」を目指して。
皆様に少しでも、何かを考える、思い出すキッカケつくり。
何かを読んだ時、見たとき、人の話しを聞いた時、フッと思い出すことありますよね。
それがアイデアです。

そんな瞬間を目指します。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です