ひとりものづくりでも、直ぐに相談できるネットワークを持つべし。

アイデア・トリガー(アイデアの引き金)

ここ、数日、加工方法について行き詰まっていた。ひとりで考えていても、全くアイデアが浮かばない。諦めて、2人に相談した。結果、「なるほど!」と思わず唸ってしまった。

一人の脳みそは偉大だ。しかし、2つ、3つ集まると更にバージョンアップする。

まず、自分自信の頭で徹底して考えることは重要だ。直ぐ、人に頼るとアイデアが出なくなる。自分の脳みそが発熱するくらい考えると、行き詰まったとしても必ず次が生まれる。

その時に、違う脳みそを借りるのだ。自分では全く見えていなかった、思いもよらぬアイデアが閃く。その回答は決して難しいことではないが、自分の視点には無かったアイデアだ。

考える

情報はオープンにすべし。

信頼できる相談者には、情報はオープンにして、できる限りストレートに聞こう。何か隠しながら、曖昧な相談は決して明確な回答が得られない。

「この部分で行き詰まっています。」ストレートに聞こう。仮に明確な回答を得られなくとも、必ず次に繋がる。
自分で語っている内に、アイデア浮かぶものだ。

考えることは、集中とスピードとインプット量だ。

日頃、インプットがなければアイデアは出ない。どんなに絞っても難しい。
そして、集中して考え、脳みそを高速回転する。アイデアはその後やってくる。
それでも満足いかない回答が出ない場合には、即相談してみよう。

アウトドア・アトリエ 販売サイト

いざという時必ず役に立つ、ホイッスル付きZipper pull

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です