ひとりものづくり起業家の発想法。マンダラートを学ぶ。NO.5

アイデア・トリガー

3X3のセル(マス目)を駆使して、自由に考え、自分のアイデアを具現化するマンダラート。
シンプルなフォーマットだが、奥が深い。

ひとりものづくり起業家は考えることが仕事だ。アイデアは時と場所を選ばない。だから、常に手元にあるiPhoneの中にあるマンダラートを使えばタイミングを逃さない。

マンダラートを学ぶNO.4の復習。

中心に問いを置く。
答えを8つ絞り出す。(頑張って絞り出す)

本日の学び。

中心は周辺によって創られる。周辺は中心から生まれる。

少しややこしい表現ですが、中心と周辺は常にイコールの関係と考えれば良いと思います。
中心の問いが「冬とは」となれば、周辺はそれに関連した言葉自然に入ります。

中心のセルはさらに8つのセルに展開できる。

周辺のセルは、さらに展開していきます。
同じことの繰り返しとなります。1つのセルが、入れ子構造となっていますので、マンダラートは相当深く考えることができます。

この階層構造が、他のマンダラ思考とは異なる最大のポイントです。
通常、紙面等、平面上であれば、9X9のマス目が限界ですが、マンダラートアプリでは、思考の限界まで
展開することができます。

まとめ

中心は周辺によって創られる。周辺は中心から生まれる。

中心のセルはさらに8つのセルに展開できる。

1日1改

事務所の断捨離中。

why?

仕事の効率化のため。

商品のご注文

OUTDOOR ATELIER ご希望のお客様は
ご注文はこちらまでSTORES.jp(カード決済可)

お問い合わせページはこちらまで


「ひとりものづくり起業家サポート」、商品への質問、ご予約等のお客様はこちらまで。お待ちしています。

 

ブログの趣旨 皆様の「アイデア・トリガー」を目指して。
皆様に少しでも、何かを考える、思い出すキッカケつくり。
何かを読んだ時、見たとき、人の話しを聞いた時、フッと思い出すことありますよね。
それがアイデアです。

そんな瞬間を目指します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です