ひとりものづくり起業家の発想法。マンダラートを学ぶ。NO.6

アイデア・トリガー

マンダラートの特徴はその階層性にある。一つのことを深く考えることができるのだ。これは他のシステムには無い。また、平面では限界がある。しかし、マンダラートアプリを使えば限りなく深く思考ができる。

私たちは、深く考えることに慣れていない。それも自分の言葉で。殆どが考えているつもりになっている。
激変する社会では、自分の言葉で深く考え、行動したものしか生き残れない厳しい時代だ。

マンダラートを学ぶNO.5の復習。

中心は周辺によって創られる。周辺は中心から生まれる。
中心のセルはさらに8つのセルに展開できる。

本日の学び。(極意)

マンダラの中心に主題を書き、その主題に関係あることを、周辺セルに書き入れる。

マンダラートを学ぶ。NO.5のキーワードをまとめたものですが、これがマンダラートの入門であり極意です。
基本なので、ぜひ覚えてください。

大谷翔平選手になって、マンダラートを学ぶ。

ここで大胆にも、花巻東高校1年の大谷翔平選手になり。実際にマンダラートを書いてみましょう。

大谷選手 心の中で問いを持つ。

「自分は将来、プロ野球選手になりたい。ではどするのか?」
「やはり、ドラフト1位でどこかの球団から指名されないとダメだな」
じゃ、どうすれば、ドラフト1位に指名されるのか考えよう。

マンダラートを取り出し、中心に主題となる、「ドラ1位、8球団」と記入する。
じゃあ、どうすれば指名されるのか、8つ出してみよう。

大谷選手目標

何とか絞り出し8つ書き出しました。
これが、思考のスタートです。ここまでは何とかできますが、ここからが大谷選手のすごいところ。
多分、本気だったのでしょう。
この1枚では、次のステップには進めません。

まとめ

マンダラの中心に主題を書き、その主題に関係あることを、周辺セルに書き入れる。

1日1改

生産のスケジュールを、OPMLファイルで書き出し、マンダラートにインポートする。

why?

仕事の効率化のため。

商品のご注文

OUTDOOR ATELIER ご希望のお客様は
ご注文はこちらまでSTORES.jp(カード決済可)

お問い合わせページはこちらまで


「ひとりものづくり起業家サポート」、商品への質問、ご予約等のお客様はこちらまで。お待ちしています。

 

ブログの趣旨 皆様の「アイデア・トリガー」を目指して。
皆様に少しでも、何かを考える、思い出すキッカケつくり。
何かを読んだ時、見たとき、人の話しを聞いた時、フッと思い出すことありますよね。
それがアイデアです。

そんな瞬間を目指します。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です