ものづくりと断捨離的発想。

アイデア・トリガー

断捨離という言葉にはまっている。やましたひでこ氏の提唱した概念だ。
やました氏が、ヨガを学んでいる時に、作り出し造語だ。物と心の関係を独自の理論でまとめた。
しかしながらものづくりは混沌の中から生まれる。
果たしてそこは相い入れない物だろうか?

断捨離とは。

断捨離(だんしゃり)。やましたひでこ氏の提唱した概念で、ヨガの断行(だんぎょう)、捨行(しゃぎょう)、離行(りぎょう)を独自の理論でまとめた考え方です。

一般的には、整理整頓的な物との関係と捉えられていますが、学んでいくと、単純な整理整頓的な考え方
よりは、物、人、お金と自分の心の関係に対する考え方です。

断捨離はもったいないという発想ではない。

日本に古くからあるもったいない。この思想が行き着くと、身の回りが乱雑な物で溢れ、やがては自分自身の
生活にも足かせとなってしまうということです。

作家、漫画家の部屋、雑誌の編集局、イメージは乱雑です。書類は見事な積み上げで、探し出しことがワザの世界です。もったいないとは別世界でしょうか?

アトリエ

クリエイティブとは混沌(カオス)と乱雑から生まれる?

やました氏によると、クリエイティブを生み出す、混沌(カオス)と整理されていない乱雑とは違うと説明しています。
芸術系カオスは作り手の意図があり、乱雑は単純に流されている自分という違いでしょうか?
ものづくりは時と場合には、どちらの立場にも成りえます。

油、乱雑、機械音、匂い、作業服。ドラマに出てくる町工場のイメージです。
ピカソのアトリエのイメージも、絵の具、キャンバス、パレット、匂い。そう大きな違いはありません。

ただし、そこには作り手の意図がありますので、乱雑とは違います。

町工場

ものづくりにとって断捨離は一つの方法。

混沌(カオス)の中で考え、整然とものづくりをする。
発想は混沌(カオス)、生産は整然です。

断捨離的な発想は非常に役立つ考え方で、今後もブログで述べていきます。

結論

ひとりものづくり起業家は二面性が必要だ。
時には混沌(カオス)。時には理論整然と。二面性の切磋琢磨からものづくりは生まれる。

1日1改

加工の順番を変える。

why?
効率化のため

商品のご注文

OUTDOOR ATELIER ご希望のお客様は
ご注文はこちらまでSTORES.jp(カード決済可)

お問い合わせページはこちらまで


「ひとりものづくり起業家サポート」、商品への質問、ご予約等のお客様はこちらまで。お待ちしています。

 

ブログの趣旨 皆様の「アイデア・トリガー」を目指して。
皆様に少しでも、何かを考える、思い出すキッカケつくり。
何かを読んだ時、見たとき、人の話しを聞いた時、フッと思い出すことありますよね。
それがアイデアです。

そんな瞬間を目指します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です