カシメ、ハトメも今や機械打ちの時代。

アイデア・トリガー

ハトメ、ホック打ちのハンドプレスを紹介した。しかしながら、時代は進んでいた。当然、存在は知っていた。
今や、メインは自動機械打ちなのだ。ハンドプレスは完全にアナログでビンテージな方法となってしまった。

量産を得意とする工場には、必須アイテムである。

時代は機械化である。

いつの時代でも、手工業から始まりやがて機械化されていきます。これは歴史を見ればあきらで、この流れに逆らうことはできません。
縫製加工の世界も同じで、極力人手を使わない、作業効率化を求めて進化していきます。

最もアナログなビジネスである縫製加工。アパレル業界ではかなり機械化され、進化していますが、バッグ業界は未だ旧態然のやり方多し。

機械カシメ打ち

ハトメ、ホック打ちは職人の大切な仕事だった。

バッグの加工所へ行けば、必ず聞こえた、ハトメやホックを打ち込む音。今でも、一人職人は、リズム感良く打っています。
ハトメ、ホック打ちは、一見簡単な様ですが、技術と経験を必要とします。

機械打ち具の出現。

機械打ち具は昔からありました。大きな縫製工場に行けば、片隅で必ず作業している風景を見ることができました。
そのサイズは、大型機械の様で、音もかなり大きな音がしていました。

最新のマシンは非常に小さくなり、音も静かです。パワーもありますので、作業効率はかなりアップします。

時代は確実に進化し、見ない振りをすると乗り遅れる。

自分には関係ないと決めつけ、話しも聞かないと完全に乗り遅れます。私自身、価格が高そうだからという勝手なイメージで、
詳細を聞くこともしませんでした。

確認してみると、思ったよりは現実性のある価格であり、不可能なものではありませんでした。
やはり、人の話は聞いてみるものです。

情報は好奇心を持って素直に聞いてみよう。

自分の大いなる反省からの思いです。自分自身の固定概念から抜け出すことができず、決めつけたイメージでした。
今後は、年齢に関わらず、耳を傾ける必要があります。

1日1改

新しい担当者とコミニケを取る。

why?

情報収集

商品のご注文

OUTDOOR ATELIER ご希望のお客様は
ご注文はこちらまでSTORES.jp(カード決済可)

お問い合わせページはこちらまで


「ひとりものづくり起業家サポート」、商品への質問、ご予約等のお客様はこちらまで。お待ちしています。

 

ブログの趣旨 皆様の「アイデア・トリガー」を目指して。
皆様に少しでも、何かを考える、思い出すキッカケつくり。
何かを読んだ時、見たとき、人の話しを聞いた時、フッと思い出すことありますよね。
それがアイデアです。

そんな瞬間を目指します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です