キャッシュレス時代に突入。QRコード決済はどの会社がベストだろうか?決済の戦国時代突入。

アイデア・トリガー(アイデアの引き金)

世界から遅れた日本のキャッシュレス化。今や政府も推奨し始めている。思い起こせば、韓国人の友人は7〜8年前から支払いはすべてカードで支払いをしていた。日常の小さな支払いもすべてカード払いだった。

当時は少し違和感を感じていたが、これが韓国スタイルと考えていた。実は本当はキャッシュレス化の先進国だったのかもしれない。

進むキャッシュレス化。

ここ1〜2年でキャッシュレス化へ、激流となり動き始めています。訪日外国人の増加、とりわけ中国人の爆買いがそのきっかけであることは間違いありません。中国の銀聯カード(ぎんれんデビットカード)が日本でも使用可能となりました。

さらに中国での一般的な支払いに使われるQRコード決済をも求めら、日本では、中国で一般的なALIPAY(アリペイ)が使えるようになりました。

一体何社あるのか?決済会社。

書き入れないほどの会社がありますが、一般的な会社は下記の通りです。

1)LINE Pay
2)楽天ペイ
3)Origami Pay
4)PayPay
中国系
1)AliPay
各社、メリット、デメリットがありますが驚くほどの種類です。

How to pay?

現状判断ができないが、日系4社との契約は必要?。

アウトドア・アトリエは、シェア工房や限定小売店等で使えるように日系4社との契約は必要かもしれません。固定費がかからなければ必要でしょう。
お客様のお使いのQRコード決済で一番使われているものが分かりませんので。

origami pay

キャッシュレス化が進むと財布のデザインが変わる。

「お金持ちは長財布を使う」という本がありましたが、キャッシュレス化が進むとその概念は変わるでしょう。「お金持ち」は小さな財布となります。
長財布がダサいとなってしまいます。

バッグの概念も変わるかもしれません。手ぶらでスマホ一つで世界中旅行ということが十分可能な時代です。
ホリエモンはすでにそれに近い感じです。

時代の変化は変えられない。
自分の意思では変えることができません。そうであるならば、一度は使って経験しましょう。それから考えても遅くありません。

Changes in the times can not be changed.
I can not change it with my will. If so, let’s experience it once. It is not too late to think from then.

1日1改

英文の翻訳を入れる。

why?

ワールドワイドに向け。

商品のご注文

OUTDOOR ATELIER ご希望のお客様は
ご注文はこちらまでSTORES.jp(カード決済可)

お問い合わせページはこちらまで


「ひとりものづくり起業家サポート」、商品への質問、ご予約等のお客様はこちらまで。お待ちしています。

ブログの趣旨 

皆様の「アイデア・トリガー(アイデアの引き金)」を目指して。
皆様に少しでも、何かを考える、思い出すキッカケつくり。
何かを読んだ時、見たとき、人の話しを聞いた時、フッと何かを思い出すことありますよね。
それがアイデアです。
そんなアイデアが出るブログを目指します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です