ショートスパッツに付加価値をつける。

アップサイクルというコンセプで、縫製工場放置品を少しでも減らすことが経営のプラスになると考えました。
では、具体的どうすれば良いのか手を動かし考えて見たいと思います。

Short spats

過度な付加価値はコストアップに繋がる。
過度な仕様変更はコストアップの要因となり、
販売価格にストレートに反映されてしまいます。
お使いいただいて初めて付加価値となりますので
自己満足は要注意です。

「ショートスパッツ」の本質は何かを考える。
機能的な本質は、シューズから水滴を守る、小石、泥などが入らないようにする。この2つではないでしょうか?完全防水では無いので、水に関しては限界があります。

ユーザー側のメリットを考える。
本来は激安が良いのかもしれませんが、激安だと工場が赤字の上塗りとなり、アップサイクルでは無くなってしまいます。
リサーチをすると、他社商品は必ず収納袋が付いています。
現状、収納袋が付いていませんので、商品のグレードがダウンです。少なくとも、プラスマイナスゼロに持って行く必要があります。

付加価値として「収納袋」を作る。
タテ20cm xヨコ14cmサイズの収納袋を作り、ユーザー側に不便を感じさせないようにする。

イラストレーターで型紙を作り始める。
アドビイラストレーターで、型紙を作り始める。
直線が多いので、難易度は低いです。

pattern

プリントアウトし、カッターで切れば出来上がり。

次の工程は、裁断と縫製です。

OUTDOOR ATELIER ご希望のお客様は
ご注文はこちらまでSTORES.jp(カード決済可)
「ひとりモノ創り起業家サポート」、商品への質問等のお客様はこちらまで。お待ちしています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です