スタバで考え事をする。活動エリア内に考える場所を持つ。

月2回ほど、埼玉の取引先に行く機会があり、帰り道必ず寄る場所があります。スターバックス滑川店で、1時間ほど色々なことを集中して考えます。

活動エリア内に考える場所を持つ。
スタバでもマクドナルドでも、お酒のあるバーでも構いません。この場所に座ればリラックスでき、考えることに集中できる場所です。できれば一人で行くことをお勧めします。

ノートを必ず準備する。
ノートの種類は日頃使っているもので十分ですが、できれば方眼タイプが良いでしょう。バーでノートを開く訳にはいかないので、小さなメモや5×3インチの情報カードがカッコ良いかもしれません。頭の中の思いを吐き出します。

ひとりモノ創りは一冊のノートから。
SHOWROOM社長、前田裕二氏はB5版のモレスキンノートを常に打ち合わせや考え事をするとき目前に広げます。
また、大学時代に「自己分析ノート」を30冊も書いたそうです。

頭の中の吐き出しをノートに貯めよう。
活動エリア内に考える場所を作り、頭の中の思いを吐き出し
ノートに貯め、セカンドステージに向けて準備しよう。

 

PS
1日1改善
スタバ トールサイズからショートサイズに変更。
why?
トールサイズでは少し大きいので小さめにした。

OUTDOOR ATELIER ご希望のお客様は
ご注文はこちらまでSTORES.jp(カード決済可)
「ひとりモノ創り起業家サポート」、商品への質問、ご予約等のお客様はこちらまで。お待ちしています。

恐れ入りますが、セールス等のメールはご遠慮願います。

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です