デザインの基本、黄金比について考える。

デザインはバランス感覚が非常に大切で、デザイナーはこの感覚が優れた人が選択できる職業です。訓練次第である程度までの能力は開発できるかもしれませんが、一流と呼ばれる人は生まれつきこの才能を持っています。

凡人ではデザインができないのか?
一流を目指すのでなければ、ある程度は理論上の組み立てでデザインできます。
バランス感覚の訓練と理論学習でデザインらしく、人が気分良くなる感じを創りだすことができると考えます。

黄金比を学ぶ。
黄金比とは人が見て自然に美しいと感じる、バランス感覚の整った考え方です。
古代ギリシャ時代の彫刻家ペイディアスが初めて使ったとされ、パルテノン宮殿建設の総監督をしました。また、レオナルド・ダ・ヴィンチもこの法則を発見していました。

黄金比とは。
数学的な比率で、この数式を使えばバランスが良いデザイン感覚の図形が出来上がります。
1対1.618の図形サイズです。これを黄金長方形と呼ばれています。

黄金比を利用して織りネームサイズを決める。
アウトドア・アトリエのブランド織りネームを作る時に
この法則を利用してサイズの決定をしました。
ほぼ近似値での設定ですがサイズ感はいい感じだと考えています。
黄金比は世の中のいたるところにある。
企業ロゴの多くはこの黄金比でできています。

creak-design.comより
東京工芸大 牟田淳研究室より

 

一流のデザイナーでなくとも、理論を使えば近いことはできる。

P.S
1日1改善
発送の一部に郵便を使う。92円は結構送れる。
why?
ヤマトメール便は使いづらい。

OUTDOOR ATELIER ご希望のお客様は
ご注文はこちらまでSTORES.jp(カード決済可)
「ひとりモノ創り起業家サポート」、商品への質問、ご予約等のお客様はこちらまで。お待ちしています。

恐れ入りますが、セールス等のメールはご遠慮願います。

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です