デジタルプリント 凄いぞ!

アイデア・トリガー

技術は触れていないと猛烈なスピードで進化する。あらゆる分野で、静かに変化し、気が付くと取り残されている。
闇雲に、追いかける事はないが、無視してもいけない。
印刷業界も日進月歩だ。本日、デジタルプリントは何ぞやということを学んだ。

生地へのプリントはスクリーンプリントしか方法が無かった。

20年前、生地へのプリントは、スクリーンプリントという方式しかありませんでした。
アパレル業界では少し進化していたかもしれませんが、バッグへのプリントは選択肢が限られていました。

キャラクターの様な、多色は非常に大変な作業量とコストが掛かりましたが、当たり前のこととして何ら疑問を
持つこともなかったです。

現在、生地へのプリントは簡単にできる時代に。

イメージは、プリンターで印刷する方法とほとんど同じ感覚でできます。特に多色はコストが抑えられ、生産すべきロットも
非常に小さく、1mからできる素晴らしい時代になりました。

インクジェット方式と昇華転写方式の2種類ありますが、どちらもメリット、デメリットがあります。
得意、不得意と言った方が良いかもしれません。

デジタルプリント

誰でも、アートな作品が出来る。それも少ロットで。

アイデアがあり、少しの技術を習得すれば、誰でもアーティストになれます。凄い時代です。
少し前では、製造は常に大きな生産ロットを求められていました。当然、個人のレベルでは対応できるレベルではありません。

特にプリント印刷では、大きなロットの取り扱いが課題でしが、デジタルプリント方式の出現により環境は激変しました。

誰でもアーティスト

アウトドア・アトリエではデジタルプリントのサポートをいたします。

ご希望があれば、ご相談下さい。デジタルプリントでの商品化のサポートをいたします。
柄の作り方、データ化、生地へのプリント。更には縫製加工まで。

必要なものは、アイデアだけです。

1日1改

アウトドア・アトリエ新製品開発スタート

why?

新しい仕事。

商品のご注文

OUTDOOR ATELIER ご希望のお客様は
ご注文はこちらまでSTORES.jp(カード決済可)

お問い合わせページはこちらまで


「ひとりものづくり起業家サポート」、商品への質問、ご予約等のお客様はこちらまで。お待ちしています。

 

ブログの趣旨 皆様の「アイデア・トリガー」を目指して。
皆様に少しでも、何かを考える、思い出すキッカケつくり。
何かを読んだ時、見たとき、人の話しを聞いた時、フッと思い出すことありますよね。
それがアイデアです。

そんな瞬間を目指します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です