ネオプレーン素材の加工にトライする。

アイデア・トリガー(アイデアの引き金)

日頃使い慣れない素材にトライしている。ネオプレーンだ。いわゆる、ウエットスーツに使う生地で、中心のゴムに伸びる生地を両面に貼っているものだ。
これが厄介なのだ。通常のバックパック生地と違い伸びるのだ。その伸び率を考慮してミシンにかけるのだが、なかなか難しい。

ネオプレーン(ウエットスーツ素材)は豊富な種類がある。

生地の素材、ゴムの種類と選択肢は非常に広く、一言では言えない。使う用途により選択されるのだろう。アウトドア・アトリエはバックパックメーカーなのでバッグ系しかないのであるが、どんな商品が良いのか企画中である。

ネオプレーン

ネオプレーンはミシンが難しい。専門のミシンがある。

バックパックの生地は、縫製中でもあまり伸びない。ネオプレーンはゴムなので非常によく伸びる。そのために、特別なミシンが用いられる。かがりミシンという特別なミシンだ。
ネットで検索すると画像は出てくるが、実物を見たことはない。

ネオプレーンにふさわしいデザインがある。

特別なミシンなので、デザインも限られる。製造できる工場も限られる。素材自体も非常に高価だ。
少しだけ生地を仕入れたので、形にしたいと思う。
アウトドア・アトリエにふさわしい形にしたい。

 

アウトドア・アトリエ 販売サイト

いざという時必ず役に立つ、ホイッスル付きZipper pull

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です