プリント生地やキルティングでもバッグになる。

アイデア・トリガー

幅広い視点を持てば、バッグに使える素材はたくさんある。固定概念で使っていないだけである。
その気になれば、畳でさえもバッグになるのだ。

二次的な加工をすれば、その可能性はさらに広がる。今一度、広い視野で、自分の周りを見渡してみよう。
意外な素材を発見するかもしれない。

コットンプリント生地を使う。

コットンプリントは柄が豊富で、プロからアマチュアまで使える生地です。手芸屋さんに行けば、選ぶことが難しいくらい、あらゆる種類があります。

 

生地単体での使用では、少し耐久性が弱いかもしれませんが、裏生地を一緒に使用すれば強度は増します。
中、小型バッグであれば商品化は可能です。

ショルダーバッグ

シンプルなデザインでも鮮やかな彩りで楽しい商品となる。

柄生地は、商品のデザインがシンプルであっても、柄の組み合わせにより鮮やかな色合いが生まれます。
1点、1点違う商品なので、希少性もあります。

アウトドア・アトリエではプリント生地を使った商品化のサポートもします。

お気に入りのプリント生地を使った商品化、ご希望の方はご相談ください。

例えば、アロハ生地を使ったポーチ、衣装ケース、などのハワイアン系の商品。

キルティング生地のトートバッグなどのスクール系。

帆布に印刷をした生地の商品化など。

アイデアがあればご相談ください。

1日1改

Facebookを復活スタート。

why?

告知の為。

商品のご注文

OUTDOOR ATELIER ご希望のお客様は
ご注文はこちらまでSTORES.jp(カード決済可)

お問い合わせページはこちらまで


「ひとりものづくり起業家サポート」、商品への質問、ご予約等のお客様はこちらまで。お待ちしています。

 

ブログの趣旨 皆様の「アイデア・トリガー」を目指して。
皆様に少しでも、何かを考える、思い出すキッカケつくり。
何かを読んだ時、見たとき、人の話しを聞いた時、フッと思い出すことありますよね。
それがアイデアです。

そんな瞬間を目指します。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です