ミシン用 アタッチメント。工房道具

工房道具。ミシン用アタッチメント。

 

工業用ミシンは、対象の加工物に合わせて、カスタマイズすることができます。
カーレースで路面状況に合わせて、タイヤ、ミッション、エンジンなど変えていく
作業に似ています。

 

 

生地の厚さ、表面加工の状況、使用するパーツなどで、最も効率的なセッテイングを
見つけることが重要です。

画像は、ミシン用アタッチメントといい、加工しながらテープ状の部品を付けていくものです。
通称、ラッパと呼ばれています。多分、楽器のラッパに形状が似ているためその名前がついたのでしょう。

アタッチメント

その他、直線をより効率的に加工するための、押さえと呼ばれるものなど、加工の種類と同じ位、アタッチメントがあります。

プロはこの道具を上手に使います。知人の凄腕カバン職人は、何種類もこのアタッチメントを所有し、
状況に合わせ使いこなしています。

アタッチメントを作る仕事をミシン屋が担当していました。
半田コテとペンチで、顧客のオーダー合わせたオリジナルのものを作成。
やはり凄腕ミシン職人がいました。

残念ながら、凄腕ミシン職人はかなり少なくなり、今や絶滅危惧種です。

アタッチメント

1日1改

不用品を断捨離

why?

仕事の効率化のため。

商品のご注文

OUTDOOR ATELIER ご希望のお客様は
ご注文はこちらまでSTORES.jp(カード決済可)

お問い合わせページはこちらまで


「ひとりものづくり起業家サポート」、商品への質問、ご予約等のお客様はこちらまで。お待ちしています。

 

ブログの趣旨 皆様の「アイデア・トリガー」を目指して。
皆様に少しでも、何かを考える、思い出すキッカケつくり。
何かを読んだ時、見たとき、人の話しを聞いた時、フッと思い出すことありますよね。
それがアイデアです。

そんな瞬間を目指します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です