欧州EPAはヤバイ。脅威でもありチャンスでもある。ひとりものづくり起業家はチャンスと考えよう。

アイデア・トリガー(アイデアの引き金)

世界の政治は大きく動いている。一触即発の状態だ。しかしながら、経済活動は変わろうとしている。
保護主義となりがちな世界を動かそうとしているのだ。
日本人は、単一民族なのでどうしても仲間で固まってしまうが、発想だけはワールドワイドなマインドを持つことが必要だ。

日欧EPAが発効。関税が段階的にゼロになっていく。

EPA(Economic Partnership Agreement)とは、経済連携協定であり、自由貿易協定(FTA)の柱である関税の関税撤廃や非課税障壁非関税障壁の引き下げなどの通商上の障壁の除去だけでなく、締約国間での経済取引の円滑化、経済制度の調和、および、サービス・投資・電子商取引などのさまざまな経済領域での連携強化・協力の促進などをも含めた条約である。
自由化される物品やサービス貿易といった分野に加え、締結国と幅広い分野で連携し、締約国・地域との関係緊密化を目指すとしている

日経新聞

両国間での市場が共通になっていくこと。

貿易では、自国の産業を守るために、特定の業界や品目に関税を掛けています。このEPAがスタートするということは、段階的に関税が無くなっていきますので、業種によっては存続の意義を問われるでしょう。
極論すれば、国自身もその業種がなくなることも覚悟しています。これは相手国も同じ条件です。、

こちらから出て行くチャンスも大いにあるが、厳しい戦いとなることは明らか。

今後、EU諸国からの輸入品が増え、ワイン、チーズなどは価格が下がっていきます。ブランドバッグも段階的に下がる可能性があります。
日本からの輸出も可能性がありますが、歴史あるEU諸国とライバルとなりますので、厳しい戦いとなることは明らかです。

ひとりものづくり起業家には脅威とチャンス。

FTA、EPA、TPPと貿易の仕組みが大きく変わります。ひとりものづくり起業家にとっては、脅威でもありチャンスでもあります。
日本人らしい発想と品質をキープすることは、戦うための重要な要素です。

インターネット時代となり、貿易自体は難しいノウハウは必要ありません。チャンスが突然訪れる可能性があります。
そのためにも、マインドだけはワールドワイドな視点を持つ必要があります。

世界市場は拡大していく。今こそ、オリジナリティと幅広い視野が必要なのだ。なぜなら、チャンスは突然訪れる。

The world market will expand. It is now that we need originality and broad perspective. Because the opportunity suddenly comes.

1日1改

新しい修理システムを作る

why?

生産効率化のため。

商品のご注文

OUTDOOR ATELIER ご希望のお客様は
ご注文はこちらまでSTORES.jp(カード決済可)

お問い合わせページはこちらまで


「ひとりものづくり起業家サポート」、商品への質問、ご予約等のお客様はこちらまで。お待ちしています。

ブログの趣旨 

皆様の「アイデア・トリガー(アイデアの引き金)」を目指して。
皆様に少しでも、何かを考える、思い出すキッカケつくり。
何かを読んだ時、見たとき、人の話しを聞いた時、フッと何かを思い出すことありますよね。
それがアイデアです。
そんなアイデアが出るブログを目指します。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です