縫製加工業は給料が上がる仕事の1位?本当?

減少と高齢化の縫製加工業。アパレル加工、バッグ加工、帽子加工、など全て同じトレンドに向かっています。
インバウンドブームから、メイドインジャパン(日本製)が注目されていますが、現実は下降の一途です。

加工現場が激減するから貴重な存在となる?
週間現代の5月5日号の特集記事によりますと、今後給料の上がる仕事の1位は何と「縫製工」となっています。
理由は多品種、少量生産時代は技術力の高い縫製工が求められるから。

週間現代5月5日

AI時代にもアナログの極致の仕事は生き残る。
一覧表によると、機械化するよりも人間がやった方がコストが安い仕事が残る感じです。AI化されるのは高度な仕事で、コストダウンの効果が大きいということです。

2極化する縫製加工の現場
力ある企業に年間仕事をキープされる縫製工場。小企業、ひとり型モノ創りは、自分で作り自分でネットで売る形に分散されていきます。

ひとり型モノ創りはチャンス到来!
20年前は自分で作ったモノを販売するには、小売店にセールスをしなければいけませんでした。「足を棒にして」という時代です。インターネット時代に入り、ネット上に自分の小売店を簡単に持つことができます。

オリジナル性が問われる時代に。
誰でも小売店を持てる時代の今、最も大切な要素は「オリジナル性」となります。「オリジナル性」とは「人とは違う何か」ということです。

インフラが整備され「ひとりモノ創り」増産の時代に入る。
アウトドア・アトリエ自身も可能な限り、「ひとりモノ創り」のサポートをしていきたいと考えています。既に多くの企業で「副業」が容認されてきています。
今後、更にインフラが整い、従来の様なネガティブ感の無い、
ポジティブな「副業」となり、能力のある人の当たり前の仕事の種類となるでしょう。

今日の1日1改善
メリカリへの出品
Why?
断捨離と個人消費をリサーチするため。

OUTDOOR ATELIER ご希望のお客様は
ご注文はこちらまでSTORES.jp(カード決済可)
「ひとりモノ創り起業家サポート」、商品への質問、ご予約等のお客様はこちらまで。お待ちしています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です