脅威のスピード。国際宅配便。時間の概念が変わる恐れがある。

アイデア・トリガー(アイデアの引き金)

ブログで何度もレポートしているが、ビジネスのインフラ整備のスピードが凄い。特に、国際宅配便は脅威さえ感じる。
時間の概念さえ変えてしまうかもしれない。同時に我々の発想も変えなければ生き残れない。

職人の高齢化が止まらない。

アウトドア・アトリエも将来のために、海外のネットワークを構築しています。職人の高齢化による人手不足は確実に起こります。
いや、すでにその片鱗は見え、職人の平均年齢は高止まりとなっています。

日本での移民政策が行われようとも、技術の習得が難しい職人になる外国人は少数でしょう。

生産の相当数を海外に頼るしかない時代はもうすぐそこ。

正確に表現すれば、95%は海外での生産となり、日本国内での生産は防衛的な観点からだけ議論されます。トランプ大統領が「アメリカ製にしろ」と声を上げても、実際に不利益を被るのは自国民となってしまいます。同じことは日本でも起こりえます。

水は高い所から、低い所に流れます。生産も人件費の安い所に流れるでしょう。

中国の人件費は安くないが、豊富な労働力がある。

日本人の人口における平均年齢は45.9歳で、世界一年歳を取っています。一方、中国は37.4歳で40位なので比較的若い国家です。(WHO統計より)
中国労働力は日本よりはまだ可能性があります。

ただ、安い人件費で中国を使おうという発想は、現在では難しいでしょう。この発想では、先方から相手にはしてくれません。

インフラも整っている。

UPS

昨日、実験のために国際宅配便を使いました。そのレポートです。

運送会社 UPS 送り先 中国深圳の工場

日本発 午後14:43分当社出荷。
成田経由で深圳へダイレクト便

深圳着 午前2:16分着
その後 通関24時間営業か?

工場着 午前11:04分

翌日に深圳の工場に到着です。このスピードは脅威です。東京から大阪や仙台に送るのと変わりありません。
時間の概念が確実に変わります。

本当に国境は無いんですよ。ビジネスの世界では。

ものづくりは国境も人種も無い。必要なものは、知恵と人間の心だ。
Manufacturing has no borders or races. What you need is wisdom and human mind.

 

1日1改

旧式なカセットテープ使う。

why?

断捨離のため。

商品のご注文

OUTDOOR ATELIER ご希望のお客様は
ご注文はこちらまでSTORES.jp(カード決済可)

お問い合わせページはこちらまで


「ひとりものづくり起業家サポート」、商品への質問、ご予約等のお客様はこちらまで。お待ちしています。

ブログの趣旨 

皆様の「アイデア・トリガー(アイデアの引き金)」を目指して。
皆様に少しでも、何かを考える、思い出すキッカケつくり。
何かを読んだ時、見たとき、人の話しを聞いた時、フッと何かを思い出すことありますよね。
それがアイデアです。
そんなアイデアが出るブログを目指します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です