試食は強力なインパクトがあり、つい買ってしまう。それは心理学的な行動なのだ。

アイデア ・トリガー(アイデアの引き金)

誰しも一度や二度、スーパーの試食に乗ってしまい購入したことはあるだろう。氷雨が降り注ぐ今日の様な日に、冷蔵生ラーメンの試食が賑わっていた。
試食に列をなしているのだ。湯気の立つ小さな試食ラーメンの入ったカップについてを伸ばしてしまう。昼時なので当然美味しい。その後、つい購入してしまう。

試食は古くからある販促方法。

スーパーやデパ地下へ行けば必ずある試食。漫才のテーマではありませんが、一周すればお腹いっぱいになります的な。やったことはありませんがそれほどお店で試食販売しています。正確に調べていませんが、試食販売は江戸時代からあるようです。

心理学的に証明されている。「影響力の武器、人はなぜ動かされるのか?」

「影響力の武器、人はなぜ動かされるのか?」(社会心理学者ロバート・B・チャルディーニ著)という本で語られている人が行動してしまう心理的な要因を、6つの武器として取り上げています。

この6つのことについて、1つずつ詳しく例を挙げながら、おもしろく説明されている本です。

①返報性 (「ギブ・アンド・テイク」的な発想)
「人間は、何かしらの恩恵を受けると、何かをお返ししななくてはならないと感じてしまう」

②コミットメントと一貫性 (心に住む小さい鬼)
「人間は、一度何かを決定すると、それをひっくり返して別の意見を述べにくくなる」

③社会的証明 (真実は私たちに)
「他人は何を正しいと考えているか。に基づいて、物事の成否を判断する」
他人の目?

④好意 (優しそうな顔をした泥棒)
「人間は、自分が好意的に思っている相手(友達や恋人、家族など)から頼まれると受け入れる傾向にある。」

⑤権威 (導かれる服従)
「人間は、権威者(権力、肩書、制服、専門知識、ルックスや身なり)から命令されると、自分の利益になると思い自動的に行動する。」

⑥希少性 (わずかなものについての法則)
「手に入りにくくなるとその機会がより貴重なものであると考える。」

6つの法則の中の一つ返報性が試食にあたります。食べてさせてもらったから、お返しに買ってしまうパターンです。

お試しは有効な方法か?

この法則からすると、「お試し」は心理学的な法則に従っています。また、サプリなどは〇〇先生ご推薦というものが、権威の利用となります。
販売はすべてこの法則に当てはまるようなので、実際自分の購買経験と照らし合わせてみると学びになります。

試食

販売は経験と科学である。無意識のようだが、実際は心理学的な背景がある。
しかしながら、販売の科学を学ぶ人は少ない。ひとりものづくり起業家は学ぶ必要がある。

Sales are experience and science. It seems unconscious, but in fact there is a psychological background.
However, few people learn the science of sales. Entrepreneurs need to learn.

1日1改

ポストイット極小を使う。

why?

スケジュール管理のため。

商品のご注文

OUTDOOR ATELIER ご希望のお客様は
ご注文はこちらまでSTORES.jp(カード決済可)

お問い合わせページはこちらまで


「ひとりものづくり起業家サポート」、商品への質問、ご予約等のお客様はこちらまで。お待ちしています。

ブログの趣旨 

皆様の「アイデア・トリガー(アイデアの引き金)」を目指して。
皆様に少しでも、何かを考える、思い出すキッカケつくり。
何かを読んだ時、見たとき、人の話しを聞いた時、フッと何かを思い出すことありますよね。
それがアイデアです。
そんなアイデアが出るブログを目指します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です