革の加工種類の多さに悩む。

天然素材である革。学べば学ぶ程奥深く、一言では説明することができません。
使われる革も、牛、馬、豚、ワニ、あらゆる種類の動物の革を使います。

皮と革の違いは?
皮は正式には原皮といい、動物の体から取ったままの状態を指します。そのままでは使えないので、腐ったり、変色しないように「なめし」という化学的薬品で加工をします。これにより「皮」は「革」になります。

加工の種類は多数。
エナメル、スエード、ベロア、ヌバック、ヌメ、型押し、など多種に渡ります。

革は使用用途で選択する。
アウトドア・アトリエのバックパックに使用している革は主に2種類です。ベロア革、とグローブレザー系の革です。その他使う場所に合わせて選択しています。

革は天然なのでキズなどある。
ヨーロッパブランドの商品はキズを避けて、厳選しますのでコストが高いものとなります。一枚あたりから取れる量が少なくなりますので仕方がありません。

アウトドア・アトリエでは一定のルールで選択する。
100%キズの無いものを選択すると、商品が高価なものとなり
現実的ではなくなります。

アウトドア・アトリエでは使う用途により、多くの種類の中から
最もコストパフォーマンスが良い革を使用します。

OUTDOOR ATELIER ご希望のお客様は
ご注文はこちらまでSTORES.jp(カード決済可)
「ひとりモノ創り起業家サポート」、商品への質問、ご予約等のお客様はこちらまで。お待ちしています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です