驚異的なスピード感。中国、深圳まで1日で着く物流システム。

アイデア・トリかー(アイデアの引き金)

このスピード感は驚異的である。東京と中国、深圳は距離感はあるものの、時間的な距離感は無いに等しい。
以前も同様な記事を書いたが、毎回このスピード感に驚く。このスピード感を利用することが、今後の日本の人手不足の解消となるヒントかもしれない。

東京、中国、深圳間は1日で着く。

東京を午後17時に出荷した荷物は、中国、深圳の工場に、翌日の11時に着く。北海道、九州でさえ2日かかるのだ。
大阪に荷物を出す感覚である。

当然、運賃は高い。感覚的には10倍以上だろう。しかし、10倍の金額を支払っても余りある市場がある。
深圳には広大な部品マーケットがあり、世界中からバイヤーが集まる。

ものづくりは、雇用条件の不一致で人手不足となる。

良い腕を持った職人は、高齢化する一方だ。その反面、若手は育ちにくい環境である。今後、日本で継続的にものづくりを続けていくには、若手を育てるシステムを持つ会社しか生き残れない。

育てるシステムを持てる会社は、収益を確実に上げられる会社でなければいけない。
マーケットをしっかり持った会社で、いわゆるビジネスできる会社である。

人手不足?

海外ネットワークに拒否感を持つのではなく利用しよう。

海外との取引は、小企業でも十分できる時代だ。怖がることはない。小さな取引から初めて、このスピード感を体感すべきだ。
本当に簡単にできる時代だ。

アウトドア・アトリエ 販売サイト

いざという時必ず役に立つ、ホイッスル付きZipper pull

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です