2019年 変化の兆しを考える。(2)

アイデア・トリガー(アイデアの引き金)

昨日からの続きです。2019年の変化を自分なりに予測し、1年間のビジネスと日常生活の羅針盤とします。

2019年変化の兆しを考える。

4)消費税が10%になり、消費の停滞が始まる。
2019年10月より消費税が10%となります。たかが2%ですが、消費にとっては大きな影響をおよぼします。
8〜9月には駆け込みで消費は動きますが、その後、しばらくは止まります。
これが日本経済にとってボディブローのような影響を与えます。

5)シェア経済がさらに進む。
シェアオフィス、シェアカー、シェア〇〇が増え、所有しないビジネスが一般的になります。
工場もシェア工場が増えます。

6)70歳まで働ける社会が登場する。
希望する人は、70歳まで働けることが許される社会のスタートの年となります。
人間さえも2極化します。

 

OUTDOOR ATELIER ご希望のお客様は
ご注文はこちらまでSTORES.jp(カード決済可)

お問い合わせページはこちらまで


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です