アウトドア・アトリエ バックパック用インナーポケット完成 その2

バックパック内で荷物の収まりが良くなる様 インナーポケットの裏側にマジックテープを付けた。

バックパック本体マジックテープに装着すればインナーポケットのフィット感アップ。

センターに配置したボトルホルダーには、いわゆる長財布も入るサイズに設計。2気室にした場合の対応にも考慮した。A4サイズの書類は毎回持ち歩く物では無い。特にフィールドに出れば不要となる。2気室で使用した場合には、 下の気室に インナーポケットは収まる。2つ折りになるのだ。しかもボトルホルダーは生かせる構造にした。

2つ折りにした状態。7インチサイズのタブレットも収まる(画像はAmazon Kindle)

使わない時に何処かに紛失しがちなオプション類。バックパックに放り込んでおけば、インナーポケットを失くす事は無い。

ご意見・商品のご注文はこちらまで。
お待ちしています。

アウトドア・アトリエ バックパック用インナーポケット完成 その1

一般的にオールドバックパックはデザインが非常にシンプル。

ぜなら、歩く、 登るその為のサポートという目的が明確だから。バックパックの中にパッキングした荷物も 休憩の時以外は出し入れをしない。軽くするために余分なポケットも作らない。

しかしながら、日常生活にバックパックが普通に使われる2017年の今、多様な手荷物の収納方法を探る事は必要不可欠である。

OUTDOOR ATELIERのデザインコンセプト はフィールドでも街散策でも使える事を想定している。

そのために 街散策で更に使い易くなる様に 取り外し可能なインナーポケットの開発着手。

本体背中側にマジックテープ(メス側)を取り付ける。インナーポケット側にマジックテープ(オス側)を付ける

インナーポケットサイズ感

A4サイズの雑誌 カタログ 、A4サイズのPC (写真はMacbookAir 11インチ)。中央部分にボトルホルダー(500mlペツトボトル可能)、左右に小物入れメッシュポケット。

これにより 少ない荷物でも バックパックの中で 荷物が暴れ回る事は少なくなり非常に快適である。

ご意見・商品のご注文はこちらまで。
お待ちしています。

 

 

サーバー移行完了のお知らせ

いつもA.Sスポーツをご愛顧いただき、ありがとうございます。

6月末より行っておりましたサーバー移行作業は無事終了いたしました。

移行トラブルが発生し、完了までの時間が長引いてしまい、お客様には大変ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

今後とも株式会社A.Sスポーツとオリジナルブランド アウトドア・アトリエをよろしくお願いします。