ミシンは機械であり、油を必要とする。

アイデア・トリガー/

当たり前のことだが、ミシンは機械である。機械なのでメンテナンスが必要だ。しかし、つい片手落ちとなり手入れすることを忘れる。
正確に言うと、リズム良く使っていると、この状態が未来永劫続くと勘違いしてしまうのだ。

ミシンは機械なのである。

「カタカタカタ」と複雑に動く内部機構は見えません。見えないので、つい機械であることを忘れてしまいます。
ハサミやカッターのようなシンプルな道具感覚となり、使い続けてしまいます。

本来は車も乗り出し前に、始業点検をしなければいけませんが、多分、点検する人はほとんどいない感覚に似ています。
しかし、使えば使うほと磨り減っていることには間違いありません。

ミシン屋オヤジ曰く、ミシンは機械なので油を注しなさい。

馴染みの凄腕ミシン屋のオヤジがアドバイスをしてくれました。「最低週一回は油が必要だよ」ミシン屋のオヤジのアドバイスをここのところ忘れていました。同時に、いかに機械にとって油が大切な物かという講義をしばし受講。

ミシンにKURE-5-56は絶対に差すなとのアドバイス。

「あれはサビ落としだから絶対注しちゃダメだよ」「揮発性の油だからミシン壊れるよ」とのアドバイス。
知りませんでした。アウトドア・アトリエにも2本あり使っていました。幸いミシンには使用していませんが、その知識は、誰も教えてくれません。
この情報は正しいか、メーカーに問い合わせてみます。

大切な道具だから油の知識も必要。

KURE-5-56(wikipedia)が悪いとうことではなく、使う部分により適切な油の選択が必要です。
油=潤滑油で全てにおいて万能ということはありません。ここが大切なポイントです。

油にも適材適所があるということです。
KUREの油にも色々な種類がありますので、一つで全ての部分に対応できるタイプの油はないのかもしれません。不勉強でした。

KURE5-56

久しぶりにミシンに油を注す。

ともかく音が違うんですよ。スムーズな音がします。「ガチガチガチ」から「コトコトコト」的な感じになります。この感覚忘れていました。
やはり、ミシン屋のオヤジの教え通り、週一油は必要ですね。

ミシン

1日1改

新しいプロジェクトをスタート

why?

売上確保のため。

商品のご注文

OUTDOOR ATELIER ご希望のお客様は
ご注文はこちらまでSTORES.jp(カード決済可)

お問い合わせページはこちらまで


「ひとりものづくり起業家サポート」、商品への質問、ご予約等のお客様はこちらまで。お待ちしています。

 

ブログの趣旨 皆様の「アイデア・トリガー」を目指して。
皆様に少しでも、何かを考える、思い出すキッカケつくり。
何かを読んだ時、見たとき、人の話しを聞いた時、フッと思い出すことありますよね。
それがアイデアです。

そんな瞬間を目指します。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です