Think Memo No.006 「メモの魔力」著者前田祐二氏から学ぶメモの取り方。

Think Memo No.006 「メモの魔力」を読み、メモの取り方を再学習する。

前田祐二氏著、「メモの魔力」発売から2ヶ月で22万部を販売したらしい。デジタルが中心の時代にも、メモのニーズはあるのだ。内容はネットに多数の解説があるのでここでは述べない。

私自身もかなりのメモ魔である。手帳、ノート使いが半分趣味であ理、それらの使い方の改善に日々チャレンジしている。

学んだ点

1)メモは記録と考えるためのもの。2つある。
2)考えるためには、3つ。事実、抽象化=本質、そして転用としている。
3)事実を正しく見ることは、非常に難しい。どうしても、主観的になり正しく見ることができない。
4)この本を読んでも、97%の人は実践できない。3日坊主で終わる。
5)なぜなら、前田氏の生い立ちは壮絶過ぎて、凡人には理解できないから。
6)また、普通の組織人であれば、必要もない。無くても困らない。
7)生きるか、死ぬかの瀬戸際にいる人のみ、気がついて応用するだろう。
8)特別なノウハウは無い。昔から言われていることである。

マンダラートとモレスキンを使い、同じことをする。

日々の中でのメモは、マンダラートアプリを使い、気がついたことは、即音声入力でメモる。
考えるネタができたら、モレスキンノートで考えを展開して行く。

・3つのカテゴリで考え、 更に行動計画をスケジュールする。
事実  抽象化  転用

・WY 抽象化 その発生の本質を考える。 なぜその事象が発生するのか?

・WR 事実 目の前で発生している事をジッと見る。

・WA 転用 じゃ 自分のビジネスにその本質を利用出来ないか、考える

・WN スケジュール タスク化 具体的にアクションリストまで落とし込む

マンダラートがあれば 同じことがデジタルでできる。

「Think Memo No.006 「メモの魔力」著者前田祐二氏から学ぶメモの取り方。」への2件のフィードバック

  1. 参考になりました。
    まとめ力が素晴らしです。
    事実、抽象化、転用を5Wマンダラにステキに展開されたしっくりしたマンダラです。
    ありがとう御座います。

    1. ありがとうございます。
      今後とも アドバイスよろしくお願いします。

現在コメントは受け付けていません。