Think Memo No.007 マンダラート式 アイデアメモの取り方。

Think Memo No.007 マンダラート式 アイデアメモの取り方。

マンダラートアプリを利用した、メモの取り方。

メモには、記録用とアイデア発想用のメモがある。学生時代のノートはどちらかと言えば記録用かもしれない。
社会人の必要なメモは、問題発見と解決だ。そのために必要なものが、日々のアイデアメモの積み重ね。

マンダラートアプリ LifeArtを使う。

このアプリは、マンダラートとスケジュールアプリが一緒になった様なもので、単純なアイデア発想アプリとは異なり、
アイデアをより現実的に、行動レベルまでに落とし込める優れものだ。

 

 

メモに5Wの考え方を取り入れる。

1)Where 空間、社会的な事実をメモする。

目の前で起きている事柄を、冷静に見て、キーワードを記録する。
音声入力でさらっと入力するする。

2)Why? なぜ、本質を見る。抽象化する。

そのキーワーは、なぜ?発生しているかを考える。自分のアイデア、持っている情報をフルに引き出す。

3)What その事象から、自分は何が出来るか?何をすれば良いかを考える。

タスクをピックアップする。

4)When 時間、計画。

タスクを行動計画化する。

マンダラートの
縦軸は物事の本質とその転用

横軸は時間軸で動いている事実。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です