Think Memo No.023 A4サイズの発想用ノートを使い、意外に使い勝手の良さを発見する。

Think Memo No.023 A4サイズの発想用ノートを使い、使い勝手の良さを発見する。

A4サイズのノートは大きか?

Think Memo No.021でアイデアを広げるためのノートを紹介した。B5サイズの広さがあるノートは、発想を広げる。
A4サイズのノートは少し大きさが大きいとも書いたが、個人が使い易ければそれで良い。

A4サイズノートを使ってみる。

A4サイズ 「Campusノート」方眼を使って見た。このノートはリングタイプと、昔ながらの綴りタイプがある。
「Campusノート」は、歴史があり品質も定評がある。更にコストが安く、思う存分使うことが出来る。

コストは重要なポイントだ。購入価格の高いノートは、発想の吐き出し様には相応しくない。
高いノートでは、心の奥底で、自由に吐き出しが出来ない。

A4ノートの使い方(発想用)

1)A4ノートは横使いをする。横使いの方が、発想を吐き出し易い。

2)記入する文字は、ビッシリよりもゆったりと書く。後から、アイデアをつけ加えるため。

3)Campusノートは製本が強い。使い倒そう。

4)記入方法は
Plan-Do-Check-Actionの4列でも、事実、本質、転用の3列でも良い。自由に発想を展開しよう。

5)1冊40ページ、表裏を使い、80のアイデアが展開できる。
できれば、2週間くらいで、1冊を使い倒そう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です