Think Memo No.074 ひとりものづくり起業家の資本は、健康であることが最優先!

ひとりものづくり起業家は、最低でも年1回自分の体のメンテナンスを必ずしよう。
健康診断等は「分かってはいる」が、忙しくてなかなか出来ないのが実際だ。

組織に所属して入れば、必ず健康診断を受診する必要がある。個人や小さい会社の場合にはなかなか難しいのが現実だ。

体のメンテナンスは、最優先のプロジェクトとしてスケジュール化する。

私の周りにも、何年も健康診断を受診せず、体調が不調で病院へ行った時は、既に重篤であった。この手の話は結構ある。

今、健康な状態であれば、健康診断は面倒臭い。少なくとも半日は潰れる。
コストはそう高額では無い。国保であれば自分の住まいの市町村で格安でで対応してくれる。社会保険であれば 会社負担でこれも殆どのコストはかからない。

要は時間を作るかである。

自分の誕生日月や、何とか記念日を検診日とする。

歯科検診は、最低年2回の受診する。行く日を予め決めておく。
とかく、治療に時間がかかるが歯の治療だ。
歯科のメンテナンスだけであれば 1時間ほどで終了する。

ソフトバンクの孫正義氏は、3ヶ月に毎に、歯科検診でメンテナンスをしている。
やはり、一流の人は違う。

ひとりものづくり起業家は、ものづくりも自分の健康状態も客観的なアドバイスが必要。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です