Think Memo No.089 中村印刷所おじいちゃんノート A5方眼ノート 応用編

ブログで紹介している、「中村印刷所おじいちゃんノート」A5方眼ノートは応用が効く。
変幻自在でA5にもA4にもなる方眼ノートだ。

「ナカプリンバイン水平開き」が優れもので、このアイデアを利用することにより使い方が広がる。

A5方眼ノートをよりハンディにする。
使い慣れてくると、いつでもどこでも使いたいと考える。携帯するにはもっとコンパクトにしなければならない。

A4よりもA5だ。更に小さければ良いが、紙面が限られると問題である。
小さくて大きくなることがベストとなる。

思い切ってA5ノートを、2つ折りにカスタマイズする。(A4の4つ折となる)

画像の様に中心からノートを2つ折りにした。サイズ的には、いい感じ。手帳にもはさめるサイズ感である。手の中にも収まる。

拡げればA5、A4となる。ノートから切り取れば、1枚のA4シートとなる。
そのまま、プレゼン用のアイデアスケッチとなる。
紙面は狭いが、縦A5の2つ折りで使うことも出来る。

紙面が4つの分かれるので、PDCAとなる。

都合良く、紙面がPlan,Do,Check,Actionと分かれるので違った使い方も出来る。

欠点は、2つ折にするとノートに厚さが出て、各場所を選ぶ様になる。
また、ちょっとしたコツがいる。
これには少し慣れが要るかもしれない。

 

「ナカプリバイン水平開きノート」

今後も続けて使用し時折レポートする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です