Think Memo No.099 日本での生産が更に難しくなる。どこへ行くべきか日本製。小さな商品開発は壊滅的。

台風で被害に遭われた方には、お見舞いを申し上げます。1日も早く日常生活を取り戻せる様
お祈り申し上げます。

ここ最近、新規でのご依頼が増えています。大変ありがたいことで、心から感謝いたします。
アウトドア ・アトリエをご利用いただく理由を伺うと、日本での生産がいよいよ末期状態には入った印象を受けました。

縫製工場の二極化により、新規受注のお断りが増える。

どこの工場も現状のお客様の仕事をこなすだけで、新規の受注を受け付けないところがかなり増えている。新規の仕事を拒否しているのではなく、泣く泣くお断りしている状態だ。

以前であれば、縫製工場も残業をしてこなしていたが、ここ数年、労基の指導が厳しく、簡単に残業出来ない。工賃が厳しいので、高い残業代を支払うことが出来ないのだ。この状況はしばらく続くだろう。

小さな開発型の仕事は、非常に難しくなる。

開発コストを掛けられない、小規模企業の商品開発は、今後更に難しくなる。
結果、モノマネばかりとなり、オリジナリティが消えて行く。

日本のオリジナリティは、消えていき、中国企業に取って代わる。
これが、時代の進化なのかもしれない。

アウトドア ・アトリエは最後まで粘る!

ここまで来ると、最後は使命感のみだ。全ては、小さな一歩から始まるのだ。ものづくりも同じだ。小さな商品開発を、これからも続けて行く。

オリジナル商品のアイデアがあれば、ぜひご相談を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です