Think Memo No.150 Bluetooth Mini keyboardを使う。

Think Memo No.150 Bluetooth Mini keyboardを使う。

2020/01/27 オフ 投稿者: shimo

40mmリングバインダーを使い始めて、荷物を少しでも少なくしたいと考えている。荷物がドンドンと増えてしまう。最小限の荷物を持つことを目標としているが、違った方向へ進んでいる。

Bluetooth mini keyboardを購入する

amazonで1,480円レベルの商品だが、使えないことは無い。長文は難しいが、1000文字くらいはいけるだろう。
当然だが、ブラインドタッチは出来ない。日本語入力は可能だ。この商品は、最小限の荷物構成にしたい時に使うことをお勧めする。

どちらかと言うと、フリック入力が苦手な人向けである。荷物が少ない人は通常サイズのキーボードで良いだろう。
価格が安いので、ネタには良いかも知れない。カフェで使っていれば注目される。

このブログもmini keyboardを使い書いた。

Bluetooth mini keyboard メリットとデメリット

メリット

本体は小さいが、何とか入力出来る。
軽い。
日本語入力可能。
値段は安い。¥1,480
目立つ。人と違うものが欲しい人向け。

 

デメリット

小さいので入力しずらい。
ブラインドタッチは出来ない。
入力時に、本体が小さいので安定感が無い。
ミスタッチ多し。
長文は基本難しい。1000字くらいまで。
キータッチは重い。押し込むような感じが必要。