Think Memo No.182 コロナショックは長引く。ひとりものづくり起業家は最悪に備える。

日々更新される新型コロナウィルスの罹患数。非常事態宣言は間もなく出るであろうか。いよいよ戦時下だ。
これから数年間は、戦時下経済となるかも知れない。

歴史は繰り返す。100年前と同じ状況。人間社会はいつも同じ。

1918年から1920年、スペイン風邪が世界を襲った。世界中で5億人感染し、1億人近い死者が出たと言われている。
新型コロナウイルスがここまで、感染するかは不明だ。しかし、先は全く分からない。

感染症は、人類発生時よりスタートしている。三国志の時代から、流行り病として戦いの勝敗を左右している。
避けては通れない。14世紀に大流行した、感染症ペストは今でも根絶されていない。

先が不明。心構えだけは最悪に備える。

新型コロナの行く末は全く不明だ。マインドだけでも、最悪に備える。あらゆる事を最悪で考えれば、打ち手は出てくる。自分だけでは大丈夫だろうという考えは捨てる。

最悪を考え、最善を尽くす。大切なことはアイデアを徹底して考えること。

これから数週間、大切なことは、徹底して考えることだ。時間はある。自分だけは大丈夫だろう的な発想は現実的では無い。

頭の中だけで考えてはいけない。堂々巡りとなる。手帳やノートに思いを吐き出す事が必要だ。
思考を吐き出す事で、全体が見えてくる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です