Think Memo No.217 ファスナーを開く時は、左から右へ開けるのはなぜ?

ファスナーを開く時、多くのバッグは左から右方向へ開ける。昔からの慣習であり、誰が決めたか分からない。正確に言えば、ルールは無い。

ファスナーを開く時は、左から右へ。古くからの慣習。

思い出して欲しい。バッグのファスナーを開ける時、多くは左から右へ開けるだろう。
逆のパターンは数少ない。業界で決められたルールがあるのでは無い。

自然とこの形に落ち着いたのだ。多くの日本人は右利きである。右利きの人は、ファスナーを開ける時、左から右に開けた方が開けやすい。自然とこの考えた方が採用された。

日本独自のルール?海外では違うの?

 海外製品では、逆から開けるパターンも多々ある。左から右に開けたとしても、不良品ではないのである。時々、問題となることはある。機能的に逆を選択する場合もある。

面白いルールである。確かに右利きであれば、左から右へ上げた方がファスナーは開けやすい。ただし閉める時は少し難儀する。

目的はユーザーの使い易さ。機能的な決まり。

アウトドアバッグでは、ファスナー引き手を2つ付けることはある。使い易さを考え、すぐ開けられるようにするためだ。手袋をしていても簡単に開けることができる。

一般的なビジネスバックやカバンでは、ファスナーの引き手が2つついている事は少ない。
アウトドアバッグは、基本的には2つファスナーが付いている。

アウトドア・アトリエで作るバックパックの多くは、ファスナーの引き手は2つ付ける。
機能的であるために。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です