Think Memo No.229 ノートサイズを変えてみる。B6サイズノートは使えるか?

アイデアノートをB6に変えた。Moleskineが入手が出来なかった。今後、2ヶ月間はB6ノートでアイデアを記入し、タスク化しよう。

アイデアを記録、行動化に相応しいノートのサイズは?

アイデアノートはサイズ感が重要である。日々持ち運ぶことに適したサイズは、A5以下と考える。A7サイズのノートはアイデアの展開が難しい。反面、A4サイズでは、ノートを広げる場所を選ぶ。

アイデア出しに程良いサイズ。B6ノート。

手の中に収まるサイズで、横使いならば、意外にも記入スペースはある。このサイズ感、携わる業種、業態により異なる。B6サイズは小さいという、反対意見もあるだろう。

ひとりものづくり起業家の多くは、アイデアを考える時間、タスク化する時間が大切だ。
Think timeはいつもデスクとは限らない。外出先、カフェという事もあり得る。

大切なノートのコストパフォーマンス。

Moleshkin ラージサイズ無地は、手の中に納まる非常に素晴らしいノートだ。
難点は、価格と入手の難しさだ。

Moleskineは1冊約2,000円だ。1ヶ月1冊のペースで使うと、年間24,000円となる。
負担は大きい。今回、入手したノートはページ数があるので3ヶ月は使える。

アイデアノートは常に手元で、繰り返し考えることが必要だ。
考え抜いた結果、行動化出来る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です