Think Memo No.231 忙しい縫製工場とヒマな縫製工場。差が開くばかりの現状。

忙しい工場は更に忙しく、ヒマな工場は更にヒマになる。進行する2極化。この流れは止まらない。もう、後戻り出来ない所まで来ている。

新型コロナは台風では無い。過ぎ去って落ち着いても元の世界には戻らない。

ヒマになる縫製工場の主人は、新型コロナを台風と考えている。今、我慢すれば、やがて元通りになると。だから、今は新しい仕事をせず、ガンマしてる。

給付金を手にして、安心している社長さえいる。新型コロナは台風では無い。
地球が反乱を起こしているのだ。結果、社会構造が大きく変わる。目を背けてはいけない。

修理

ヒマな縫製工場の特徴。チャレンジ無き、現状維持。

ヒマな縫製工場の社長は、絶対と言うほど、チャレンジしない。これは共通項目だ。嵐が過ぎ去ると、また元通りの発注が来ると信じて疑わない。

時には、今は充電中と言う、見事なフレーズまで使う。世の中が、激変していることを、まるで他人事のように眺めている。来月は、発注があると信じて。

チェレンジする忙しい縫製工場の社長。現状に安住しない。

反面、忙しい縫製工場の社長は、常にチャレンジする。現状維持は無いと考えている。新しい仕事を出来るだけ取り入れようとする。脳ミソを使うのだ。そして必ず、成果を出す。

成果には、失敗もある。後悔もあるが、反省し次につなげる。ここが重要なポイントだ。
このチャレンジから、学びを得て、次につなげる。

時代の変換期には、環境に合わせチャレンジしたものだけが生き残る。これは普遍である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です