Think Memo No.236 DX?難しい言葉に惑わされてはいけない。単純だ。やってみるしか無い。

DX、CXと昨今、騒がれている。新政権になると、デジタル庁が出来るらしい。一体をどうするのだ。小さな会社には、HPも無い会社が山の様にあるのに。

DX(デジタルトランスフォーメーション)は、ひとり型ビジネスに有効か?分からない定義

2004年、エリック・ストルターマン教授が提唱した概念だ。「ITの浸透が、人々のあらゆる面でより良い方向に変化させる」今となっては誰でも理解できる。

2018年に経産省が日本向けに定義したが、よく分からないのが事実だ。具体性に欠ける
一言で言えば、IT技術が、企業経営全てに影響するシステム。

経産省

ひとり型ビジネスに必要なものは、アイデアと実行力。

今は、DXという言葉があるということを知っていれば良い。大切なことは、新しいことに拒否反応を示さないことだ。一旦は受け入れ考えてみよう。

いつの時代でも、ひとり型に必要なものは、アイデアと実行力だ。実にアナログだ。
アナログをデジタルに置き換えることが出来ないか考えることがスタートでいい。

難しい言葉に惑わされないこと。シンプルに考えれば良い。でも、拒否しないことだ。

ホームページは簡単にできる。アマゾンでテキストを書い込み、その通りにやれば簡単に出来る。
難しいことは拒否反応と誤った情報なのだ。業者は簡単に出来るとは言わない。

業者は本格的なものを提案する。当然である。ビジネスだからである。ひとり型のビジネスに必要なことは、まず、自分でトライすることだ。学んで、手を動かし、失敗して初めて語れる。

難しい言葉に惑わされてはいけない。その言葉を分解すれば、先人の知恵のアレンジだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です