Think Memo No.250 工業用ミシンは音で調子が分かる。油は機械の生命線。

機械は油が命だ。言わば命の一滴だ。油を怠ると機嫌が悪くなり、調子が良い音が出ない。

工業用ミシンは、やはり機械なのだ。

油は厄介な代物だ。注入過多となれば、機械から漏れ出し製品を汚す。油をケチれば、機械が不機嫌となり異音を生む。ちょうど良い加減が難しい。

常に機械の音に耳を傾け、調子を伺わないといけない。油が機械に浸透していれば、心地良い音を発生させるのだ。

ミシン油を注すタイミングは、毎日少しづつがベスト。

車と同じだ。始業点検が必要だ。その際、一滴の油を差せば良い。難しく考える事は無い。機械に自分の耳を傾ければいい。ミシンと友達になれば教えてくれる。

古い車も同じと聞いた。常にマシンに気を使い、耳を傾けていれば、機械が教えてくれるらしい。
知人のMINIのメカニックの話しである。

アパレル関係のミシンは寿命が短い。

知人の職人から聞いた話だが、アパレル関係のミシンは、油が制限されるので、機械としての寿命が短いらしい。油シミを防ぐため、ギリギリの量しか差さない。

部品交換も頻繁らしい。流石に、バッグ用の工業ミシンはそこまでは行かない。
が、気を抜くと調子が悪くなるのだ。

機械と言えども、訴えることはある。耳を傾けよう。油は生命線だ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です