Think Memo No.263 コロナで始まり、コロナで終わる2020年。後1ヶ月をどう過ごすか?

12月1日。2020年は残す所1ヶ月である。コロナで始まり、コロナで終わる1年。ブログで情報として、初めて取り上げたのは1月29日である。

当時、知人の工場経営者のマインドは非常に強かったことを覚えている。そのパワーが今の中国の強さなのかも知れない。

ひとりものづくり起業家は、簡単にギブアップしてはいけない。古典的だが、どうしたら出来るかを考えることだ。

12月の1ヶ月間、第3波をどう乗り越えるか?その後の、日本経済の疲弊をどう乗り越えるか?
生き残りを中心としたテーマで、1ヶ月間ブログ記事を書きたい。

以下、2020年1月29日のブログより

Think Memo No.151中国工場は、 新型コロナウィルスと戦っている。中国ネットワークからの情報。

現在、新型コロナウィルスのニュースがメインとなっている。何か怪しげな情報もあるらしい。
いわゆるデマである。ここは冷静に情報を収集する必要がある。

中国工場ネットワークからの情報収集。

アウトドア・アトリエの持つ中国ネットワークに確認した。知人の安否が不安になり、wechatで聞いてみたのだ。
まだ春節の最中なので、中々連絡が取れないが、数名の安否を確認したところ皆無事であった。
ニュースの情報は興味深い画像を流すが、現地はいたって冷静ということだ。

2月の春節後が最も懸念される工場生産。

毎年の事ではあるが、春節後の工場運営は難しい。今年の状況は想像できない。どうしても混乱は避けられないだろう。しかし、現地の人は、この苦境を乗り越えるという強いマインドを持っている。
工場経営者は、決して打ちのめされてはいない。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です