Think Memo No.273 プロフェッショナル。MINIメカニックの感性。ひとりものづくり起業家。

プロフェッショナル。響の良い言葉だ。技と経験値の積み重ねのアートである。
辿り着くには少しの時間と才能が必要。あらゆる分野に存在する逸材だ。

車の販売会社は、修理をそれとなく断ることがセールスである。

発売から10年以上経った車の修理をディーラーは嫌がる。新しい車を販売することが彼らの正義だ。その為、修理見積りは、自然と高額となる。お客様には、修理を諦めてもらうことが重要な提案なのだ。

あくまでも自然に、お客様の為にと言いながら、実は営業成績のアップが本音である。
決して悪いことでは無い。ビジネスなのだから必然の行為である。

BMW MINIメカニックの凄技と決して諦めない応用力。ガレージカメイ練馬BASE 

知人のBMW MINIのメカニックである成田氏は決して諦めない修理屋だ。ディーラーのギブアップした修理を確実に治してくれる。MINIを知り尽くしたプロフェッショナルである。

輸入車は気を使う必要がある。特にドイツ車は、日本車と全く違う設計コンセプトがある。
修理しながら乗り続ける。リサイクルが基本だ。修理することは当たり前のことなのだ。

修理を待つMINI
特殊工具

部品調達センスと感性で感じる不具合の発見。プロフェッショナルの感性。

修理は部品調達が生命線だ。経年車の部品は、純正品でも入手が難しくなる。
車本体の不具合も、複合的になる。人間と同じで、基礎疾患が必ず出て来る。

致命的な不具合にならないために、経験値とセンスで、重要なポイントを見つけ出す必要がある。
感性の世界となり、素人では理解出来ない。
匂い、音、手触り、プロフェッショナルの世界である。

ガレージカメイ練馬BASE
https://www.kamei-n.com

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です